TOP » 練馬で高く査定してほしいなら!知っておきたい練馬区の相場 » 売却の前に~練馬区のマンション売却相場って?

売却の前に~練馬区のマンション売却相場って?

練馬区で取引されたマンションの価格相場を調べました。これから売却を検討している人は、ぜひご覧ください。

練馬区のマンション売却価格の相場

マンションを売却するときに一番重要な価格。ここでは、間取りごとの相場をピックアップしました。

1R・1K 約1,500万
1DK・1LDK 約1,900万
2DK・2LDK 約2,600万
3DK・3LDK 約3,300万
4DK・4LDK 約4,300万

こちらの売却額はあくまでも目安で、物件の条件によって変動します。売却したい物件がどのくらいの価値になるか知りたい人は、不動産会社に見積りを依頼してみましょう。また1社だけでなく、複数の不動産会社に依頼して「相見積り」を出してください。各社の見積りを見比べることで、物件の本当の価値を見極めることができますよ。

練馬区内のマンション売却の動向

2020年に東京オリンピックの開催を控え、現在東京23区の地価は上昇傾向にあります。それに伴い練馬区内の中古マンションの市場取引数も活発化。練馬区は東京23区の中でも地価が安いため以前から中古マンション市場が活発でしたが、2015年から2016年にかけて特に売買件数が上昇。元々の売買件数が多かったので他の地区ほどの上げ幅でないものの、5年前と比べると18%も上昇しています。

マンション売却は単身向けが有利!

中古マンションで取引の多い間取りは、単身者向けの専有面積の狭い物件です。一方で、ファミリー層向けの広い間取りの物件は人気が薄いとのこと。2017年の平均専有面積は45平方メートルで、数年前と比較してもほとんど変わりません。間取りや立地など条件によって物件の価格は異なりますが、2LDKで2,600万円程度と安定しています。取引市場が比較的安定しているので、動向が読みやすいというメリットも。ただし、マンションの取引価格が今後も安定し続けるかは分かりません。急激に上昇することもあれば、下降することも。そのため、マンションを売却するならできるだけ早く売った方が良いといえるでしょう。

マンションを高く売るコツ

取引額の大きなマンション売却は、ちょっとしたことで金額が大きく変動することも。できるだけ高く売るためのコツを載せています。

リフォームは不動産会社と相談してから決める

マンションを高く売りたいがために、自己判断でリフォームをすることがありますが要注意です。なぜならマンションの価値は「築年数」によって決まるので、リフォームしたからと言って価値が上がることはほとんどありません。また内装は個人によって好みが大きく分かれるため、良かれと思ってリフォームしても売却額アップに繋がらないのです。そのままの状態で引き渡し、必要であれば不動産会社と相談してリフォームするかを決めましょう。

信頼できる不動産会社を見つける

マンションを売却する際に重要なのは、家を希望に近い価格で売却してくれるのはもちろん、その後の買い替えの相談にも乗ってくれるような、信頼できる不動産会社を見つけることです。そんな不動産会社を探すためのポイントをまとめたので、参考にしてみてください。

自分自身の知識を深める

不動産会社に相談する前に、売却額の相場や手続きの流れについての知識を深めましょう。予備知識があれば、不動産会社が正しい価値を提示してくれているか分かりますし、交渉するうえでも役に立ちます。

不動産会社に行く前に質問を決めておく

具体的な質問を行ない相手の反応を見ることも大切です。たとえば、「その地域の取引実績」や「相場以上の価格で売ったことがあるか」を聞いたときに、すぐに回答できるなら信頼できるでしょう。ごまかしたりはぐらかしたりするようでは、信頼できるとは言えません。

自治体の持つ情報を利用する

自治体が所有している不動産業者名簿を確認することで、業者の素行を調べることができます。特に注目して見てほしいのが、「行政処分」の項目です。過去5年間で不動産業法に違反していた場合は、履歴に業者名が載ります。行政処分の履歴がないということは、信用できる業者だといえるでしょう。不動産業者名簿の情報は自治体のサイトにて公開されているので、通信環境があればすぐに確認できますよ。

高く早く売るためのオススメ不動産5選
住宅街の風景

家を高く早く売るために、おすすめの不動産業者を5社ピックアップ!各社のポイントも掲載しているので、ぜひご参照ください。

詳細はこちら