TOP » 一生に一度の買物~不動産を売却する理由とは~ » 事故物件を売れなくて困ってる…。

事故物件を売れなくて困ってる…。

ここでは、事故物件を売る前に知っておきたい基礎情報や注意してほしいポイントをまとめています。練馬区で事故物件の売却を考えている方は参考にしてみてください。

そもそも事故物件とは?

実は意外と事故物件の多い練馬区。ここで少し練馬区にある事故物件例をまとめてみました。

練馬区の事故物件事例

事故物件とは別名「訳アリ物件」とも呼ばれており、住むことを敬遠したくなるような事情が起きた物件のことです。事故物件には大きく「心理的瑕疵物件」と「物理的瑕疵物件」の2つに分けられます

心理的瑕疵(かし)物件

住む人が「怖い」「気味が悪い」など、心理的負担を感じてしまう物件のことを指す心理的瑕疵物件。

過去に自殺や事件があった物件や、火災や地震といった災害によって家のなかで死亡事故が発生した物件は事故物件という扱いになることがあります。

また高齢者の一人暮らしが多くなっている近年では、誰にも気づかれないまま孤独死してしまった物件も事故物件とみなすことがあるようです。

ほかにも、物件の周辺に宗教団体や暴力団などの活動拠点がある、火葬場やごみ処理場などが近いといった場合も心理的瑕疵になることがあります。

物理的瑕疵(かし)物件

物理的瑕疵物件とは、構造や状態に欠陥がある物件のこと。具体的には、地盤沈下や浸水、雨漏り、白アリ被害など、建物や地盤そのものに問題がある物件を指します。

事故物件を売るときの注意点

物件を売却したい方のなかには、所有する家で家族が事故などで亡くなってしまい、その出来事を思い出すのが辛く「家を売却したい」という場合も多いようです。

そのような悲しい出来事が起こった物件を売却しても需要はあるのかと心配になり、「できれば事故物件だということを伏せて売却したい」と考えるかもしれません。しかし事故物件になった場合、売主は告知義務というものが発生し、購入希望者に必ず事実を告知する必要があります。告知をすることで購入希望者が離れてしまう可能性があるかもしれませんが、告知をしない場合損害賠償問題に発展する可能性も。きちんと事実を申告し、納得したうえで購入してもらうことが大切です。

事故物件は直接買取してくれる業者に頼みましょう

「告知することで家が売れないかも…」と心配になるかもしれませんが、事故物件でも売買は可能です。マンションを探しているのは事故物件を嫌う方ばかりではなく、それほど気にしない方や好んで物件の購入を希望する方もいるようです。

意外と事故物件の多い練馬区。買取主がなかなか見つからないといって諦める心配は必要ありません。物件を直接買取してくれる業者もあるので、一度相談してみると良いでしょう。

高く早く売るためのオススメ不動産5選
住宅街の風景

家を高く早く売るために、おすすめの不動産業者を5社ピックアップ!各社のポイントも掲載しているので、ぜひご参照ください。

詳細はこちら