TOP » 一生に一度の買物~不動産を売却する理由とは~ » 相続時の家の売却

相続時の家の売却

「親族に不幸があって突然家を相続することになったけど、使い道がないし放置気味…」という人は要チェック!相続した不動産の放置はトラブルにつながる可能性があるため、なるべくなら売却してしまったほうが安心です。安易に放置すると危険な理由や相続に必要な情報をまとめてみたので参考にしてください。

放置は危険!相続不動産トラブル

「不動産を相続したものの、遠方にあるので管理が難しく放置している」という人もいるかもしれませんが、不動産の長期放置はトラブルにつながります。どのような危険が潜んでいるのかチェックしましょう。

いつの間にか他人のものに…

実は民法上、一定の要件を満たした状態で20年間(または10年間)他人のものを専有し続けた場合、所有権の取得が認められています。あなたが相続した土地にAさんが無断で自宅を建てていたら、20年間でその土地はAさんのものになってしまうのです。20年以上経ってから気づいても取り戻すのは困難になるので気を付けなければなりません。

突然損害賠償を請求される

あなたの相続した土地に木が生えていて、強風や台風の際に人や建物を傷つけた場合、あなたに何の非がなくても損害賠償責任を負わなければならないことがあります。民法では、まずは土地・建物を利用・管理している人に責任が発生しますが、その人に過失がなければ土地の所有者へ責任が移り、無過失責任として課されるので注意しましょう。

境界線をめぐる争い

長年放置されている土地に多いトラブルが、隣接している土地との境界線をめぐるものです。境界線が曖昧になり、自分の土地がいつの間にか使用されていたというケースがあるとか。こうなると訴訟を起こして解決するしかなくなるので、所有する不動産の管理は大切です。

そもそも相続した不動産はどうやって分割するの?

相続の権利がある2人に対し、同じ1,000万円価値の不動産・預貯金があるなど、相続人と相続財産のバランスが良い場合は問題なく遺産を分けられます。しかし、相続人が3人いるのに財産が5,000万円の不動産しかないという場合は容易に分けることはできません。このようなときは以下のような方法で遺産を分割するのが一般的です。

換価分割

相続人がみんな均等に遺産を手にできるよう、不動産を売却して現金化した後に分割する方法が「換価分割」です。複雑なやりとりが必要ないので、最も後腐れなく遺産を分けられる方法でしょう。ただし売却で相続税以外にも譲渡益があると、長期譲渡所得税や短期譲渡所得税など税金を支払う必要が出てきます。

代償分割

1人が不動産を相続し、残った相続人に対して不動産の価値と同額のお金を支払う方法が「代償分割」です。遺産になっている土地を利用して農業をし、生計を立てている場合などによく利用されています。代償金を支払う人の負担が多いのが注意点です。

共有

相続人みんなで不動産を共有登記する方法です。計画なしに共有を選んでしまうと問題を先送りにしてしまうことになるので要注意!ただ税金がかかるばかりになってしまいます。用途の見直しがたっていない不動産なら共有するよりも売却してしまったほうが最適でしょう。

不動産にかかる相続税

相続した遺産には相続税がかかるのが特徴。相続する遺産が基礎控除額である「3,000万円+相続人数×600万円」を超えていると、相続税の支払い対象になります。

申告期間は被相続人が死亡したことを知った翌日から10ヶ月以内。基礎控除額や相続額に応じる税率が決められていて、それをもとに算出していきます。計算内容は少し複雑なのですが、妻1人、子2人を持つ旦那さんの遺産が1億円だった場合だいたい630万円の相続税がかかると覚えておいてください。

税金や維持費がかかる相続不動産はなるべく早く売るのが最適

不動産は所有しているだけで毎年固定資産税が課税されます。その額は「固定資産税評価額×1.4%」。例えば固定資産税評価額が2,000万円の不動産だと28万円の固定資産税がかかります。年々資産価値も下がってしまうため、放置しておくのは非常にもったいない行為。利用しないならできるだけ早く売却するのが得策です。

不動産を媒介する売却方法だと買い手がつくまでに長い時間を要する可能性があるので、スピーディーに売却できる直接買取サービスをチェックしてみるのがオススメ。なるべく価値が高くコストがかからないうちに売れますよ。対応している業者を探してみてください。

高く早く売るためのオススメ不動産5選
住宅街の風景

家を高く早く売るために、おすすめの不動産業者を5社ピックアップ!各社のポイントも掲載しているので、ぜひご参照ください。

詳細はこちら